研修制度

Contents
04

研修制度

あらたでは、社員を「協働するパートナー」と考え
一人ひとりの社員とともに成長を果たします。

あらた、ヒトづくりの理念

当社には『企業は人なり』という理念があります。それは、社員を単なる生産手段ではなく、目標を共有して協働するパートナーと考えることです。社員の個々の成長なくして、会社の成長はありません。知識や技術も必要ですが、根幹にあるのは社員が企業人として人間として成長することです。一つの考え方、一つの価値観に固執するのではなく、社員相互に意見を交わし、切磋琢磨していくことが大切だと考えています。

あらたの研修について

当社ではAOD(Arata Organization Development:あらた組織開発)研修システムに基づいて研修を実施しています。新入社員から管理職まで各キャリアで研修を行い、個人の成長が会社全体の成長に結びつくと考えています。研修は専任スタッフがいる研修室が担当、社内講師を基本としています。それにより、研修ノウハウの蓄積と企業文化の醸成に貢献しています。それでは、研修プログラムの中から新入社員を対象としたものを紹介していきます。

education_chart

プログラム紹介(抜粋:新入社員対象)

<新入社員理解訓練講座>

入社式前後に合宿形式で行い、社会人としての基本的な考え方、行動、礼儀などを習得します。知識や技術よりも、働くことの意味と心構え、あらたという会社の理解を念頭に社会人としての土台を形成します。また、同期と一緒に研修を受けることで仲間意識を培っていきます。

education_img-01

<新人マスターコース>

各拠点へ配属後、基幹部署である物流部門、管理部門、営業部門で実地研修(OJT)を行います。この期間に会社の風土に慣れ、企業人としての体力、気力の充実と実務の基本や商品知識の習得を図ります。

education_img-02

<新人セールス入門講座>

総合職の社員が新人マスターコースの終了時に合宿形式で行います。セールス(営業)としての心構えや基本姿勢の習得が目的です。取扱商品のカテゴリー別の市場動向や商品特性、陳列方法などを習得します。また、模擬商談(ロールプレイング)や基礎的なパソコン実習も行います。営業部門の管理職社員が講師を担当しています。

education_img-02

<入社1年後フォロー研修>

入社1年後に合宿形式で行います。入社から1年経った自分の行動や考え方を振り返るもので、周囲からの評価と期待を確認し、今後の行動姿勢と目標を掲げていきます。同期が集合するため、今までの苦労や楽しみを共有し、互いに良い刺激を与える機会になります。

education_img-02

社員会について

社員会とは

社員会とは、社員相互の意思疎通と親睦融和を図ること、社員の総意を会社経営に反映させて、社員会と社業の発展に寄与することを目的とした組織です。
会社の諮問機関としての役割を担っています。

社内コミュニケーション

あらたの仕事は他部門との連携が不可欠です。そのため、互いの意思疎通や社内でのコミュニケーションが大切になります。社員会では、バーベキューやスポーツ大会、社員旅行などを実施して、普段はゆっくりと話す時間のない他部門の社員やパート社員と交流を深めています。

education_img-05

社内報『あらたん』

『あらたん』という社内報を年4回発刊しています。社内のコミュニケーションツールとして各拠点や社員を取り上げた内容になっています。ともに働く仲間、お世話になった先輩や上司等、人との繋がりを再認識でき、団結力とモチベーションの向上に役立っています。

education_img-06